一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

ライブラリ

機関誌「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」

「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」は(一財)バイオインダストリー協会(JBA)が隔月で発行している機関誌です。 機関誌B&Iでは、飛躍的に発展するバイオサイエンスの最新情報を、バイオに携わる最前線の研究者が丁寧に解説しています。

バイオテクノロジーは、医薬、ヘルスケア、医療機器、食品、化学、エネルギー、環境等、広範な分野で使われています。B&Iは、基礎研究、応用研究だけでなく、産業化への展開などのテーマも数多く取りあげ、バイオ関連産業を担う企業やアカデミアの研究者、政策立案を行う官公庁の担当者、その他さまざまな方に購読いただいています。
B&IはJBA法人会員、個人会員ご入会の方に無料でご提供しております。会員以外で購読をご希望の方は、1冊からご購入いただけます。この機会に、JBAご入会、B&Iご購読をぜひご検討ください。

機関誌 (B&I)の購読についてはこちら

最新号目次

2021 VOL.79 NO.6

巻頭言

◆「生物工学研究環境」今昔(福崎英一郎)

追悼

◆山田秀明先生の思い出(清水 昌、高橋里美)

目で見るバイオ

◆分別染色法を用いてコリネ型細菌の細胞表層を観察する(和地正明)

総説

◆ジベレリンの輸送および代謝の分子メカニズム(上口(田中)美弥子・竹原清日)

要旨
ジベレリンは、すべての維管束植物によって生産される植物ホルモンの1つであり、その濃度は厳密に制御され、植物の器官の分化や成長、環境変化への適応性に影響を与える。現在、これらの現象におけるジベレリンの生合成や不活性化の制御プロセスに関わる分子メカニズムについて研究が進み、多くの情報が得られている。また、ジベレリンの輸送と分布、それらと植物の成長との関連性についても近年理解が進んでいる。本稿では、ジベレリンの輸送ならびに代謝とその制御に関する最近の進捗を概説する。

解説

◆病原糸状菌に対する新たな植物免疫機構~表皮葉緑体応答~(入枝泰樹)

要旨
植物の表皮は病原菌の侵入を防ぐ最初の砦として機能する。本稿では、植物の表皮細胞に存在する機能未知の小さな葉緑体に、病原糸状菌(カビ)の侵入を防ぐ免疫機能が備わっていることを発見した筆者らの研究について解説する。

◆多様な異種組織間の相互作用を仲介する毛包基底膜の構造と機能(筒井 仰・藤原裕展)

要旨
筆者らは、マウス毛包の基底膜の構成成分を網羅的に同定し、基底膜が異種組織間の相互作用を仲介する多様なインターフェースを構築していることを明らかにした。多組織からなるオルガノイドの構築などへの応用、発展が期待される。

◆糖タンパク質の小胞体からゴルジ体への輸送効率を高めるペプチド配列の発見と応用(矢木宏和・加藤晃一)

要旨
本稿では、糖タンパク質の品質管理と輸送の分子機構を概説するとともに、初期分泌経路における細胞内輸送タンパク質の生産収率を向上させる新規なアプローチを提案する。

トピックス

◆セルロース素材を用いた産業廃棄物からの選択的貴金属回収技術(長谷川浩)

◆洪水と干ばつに共通するダイズの適応応答(深尾武司)

◆MXfold2:深層学習に基づくRNA の高精度な二次構造予測プログラム(佐藤健吾)

◆合成生物学的手法を用いた大腸菌における糖原料からのテアニン発酵(萩原亮太・田畑和彦)

◆熱安定性と結晶化に優れた生分解性ポリエステルの開発(柘植丈治)

国際動向

APECワークショップ「バイオテクノロジーのリスクコミュニケーション構築」(佐々義子)

四半世紀経過したバイテク作物商業栽培;世界動向2021(冨田房男)

「生物多様性条約ポスト2020 生物多様性枠組第3回公開作業部会(オンライン)」参加報告-デジタル配列情報を中心に-(市原準二・小山直人・野崎恵子)

産業と行政

ヒト脳オルガノイドの研究と臨床応用に伴う倫理的課題(澤井 努)

「革新的次世代核酸医薬(INGOT)」プロジェクト(和田 猛)

バイオの窓

◆サイレントマジョリティー(鬼塚正義)

特集

新型コロナウイルス感染症(5)

◆遺伝子増幅技術LAMP法による新型コロナウイルス検出(坂元琴子)

◆試料から直接PCR-Ampdirect技術による新型コロナウイルス検出の迅速・省力化とその応用-(森田直樹・杉田哲佳・四方正光)

◆日本初の新型コロナウイルス感染症治療薬レムデシビルの臨床的有用性(表 雅之)

◆COVID-19特集を終えるにあたって(養王田正文)

第5回バイオインダストリー大賞

◆第5回バイオインダストリー大賞受賞者インタビュー

第5回バイオインダストリー奨励賞

◆第5回バイオインダストリー奨励賞受賞-12人のメッセージ-

マイクロバイオーム

◆健康者の腸内マイクロバイオーム研究特集-SIP Ⅱで実施している研究成果について-(山本(前田)万里)

◆マイクロバイオーム解析の比較互換性を担保するための標準基盤整備(関口勇地・Dieter Tourlousse)

バイオプラスチック

◆バイオプラスチックのISO国際標準化動向(国岡正雄)

◆特集「バイオプラスチック」のおわりに(岩田忠久)

JBAニュース

◆Greater Tokyo Biocommunityを始動

JBAバイオエンジニアリング研究会
◆"バイオエンジニアリングにおけるオミックス解析技術"小委員会キックオフ講演会「OMICSの利用とプレシジョンメディシン」(養王田正文)

JBAバイオエンジニアリング研究会小委員会活動準備イベント
◆バイオエンジニアリング領域若手ダイナモ人財懇話会 第1回の開催を終えて(宮田雄一郎)

総目次

バックナンバーはこちら

機関誌 (B&I)の購読

「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」は、発刊時にJBAの会員にお送りしています。
1冊単位でも販売致します。

【ご購入価格】
1冊 2,000円(税抜き)
6冊 11,000円(税込み) ※年間購読は割安となっております。

ご購入につきましては、下記にお問い合わせください。

株式会社毎日学術フォーラム

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F
TEL:03-6267-4550 FAX:03-6267-4555
Email:maf-sales@mynavi.jp

ご入会に関するお問い合わせはこちら

「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」までの道のり

酒精協会誌(1942年~1943年、第1巻)

JBAの前身は、1942年に創設された任意団体「酒精協会」で、第1巻第1号「酒精協会誌」は同年4月に発刊されました。しかし、当時の印刷用紙は配給制であったため、第1号第7巻~第12巻は2号合本で作製されたようです。

醗酵協会誌(1943年~1974年、第2巻~第33巻)

酒精協会は、1943年(昭和18年)に財団法人に認可、改称し、新たに「財団法人発酵協会」として活動スタートしました。それに伴い、「酒精協会誌」は「醗酵協会誌」として改題され、第2巻を発刊しましたが、戦中・戦後という時代の中で1948年(昭和23年)までは、複数号の合本での発刊、休刊が続きました。苦難の5年間を乗り越え、1949年(昭和24年)からは、6年ぶりに毎月発刊できるまでになりました。

発酵と工業(1975年~1988年、第34巻~第46巻)

1975年、「財団法人発酵工業協会」へと改組され、協会の新発足を機に、機関誌も「発酵と工業」と改題されました。
 1983年には発酵工業協会内に、バイオインダストリーの振興とその健全な発展に寄与するため、「バイオインダストリー振興事業部(Bioindustry Development Center)」が開設されました。その後、1987年、発酵工業協会とその特別部会であるバイオインダストリー振興事業部とを発展的に改組、「財団法人バイオインダストリー協会(Bioindustry Development Center)」となりました。

バイオサイエンスとインダストリー(1988年~ 、第46巻~ )

「発酵と工業」、「BIDEC NEWS」の統合を行い、1988年4月より「バイオサイエンスとインダストリー」が生まれました。

ページトップへ戻る