第2回バイオインダストリー大賞、バイオインダストリー奨励賞 表彰式・記念講演会を開催しました

イベント・展示会 大賞・奨励賞

更新日:2018年10月15日

(一財)バイオインダストリー協会(JBA)では、2017年、JBA30周年記念事業のひとつとして、新しい表彰制度、「バイオインダストリー大賞」「バイオインダストリー奨励賞」を創設した。
2018年10月10日(水)、第2回バイオインダストリー大賞・同奨励賞の表彰式、記念講演会(大賞)とポスターセッション(奨励賞)が、BioJapan 2018の会場であるパシフィコ横浜にて開催された。表彰式、記念講演会等、詳細は、機関誌「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」Vol.77 No.1で報告する。

表彰式

120人収容のセミナールームが満員となる中、表彰式・大賞記念講演会が執り行われた。 第2回のバイオインダストリー大賞は、髙津 聖志 富山県薬事総合研究開発センター 所長の研究業績「IL-5/IL-5受容体の発見と喘息に対する抗体医薬品の創出」に決定、奨励賞には10人の若手精鋭の研究者とその研究業績が選出された。

award18_ceremony_taisho.JPG第2回バイオインダストリー大賞を受賞された髙津 聖志所長(中央)と相澤益男選考委員長(右)

award18_ceremony_shourei.JPG第2回バイオインダストリー奨励賞受賞者10人と阿部啓子選考委員長(前列右)

記念講演会

表彰式の後、髙津 聖志 富山県薬事総合研究開発センター 所長による大賞記念講演、「IL-5/IL-5受容体の発見と喘息に対する抗体医薬品の創出」が行われた。

award-giving_lecture18.JPG

ポスターセッション

記念講演終了後、セミナールーム前のホワイエにて、奨励賞受賞者10人による研究業績についてのポスターセッションが行われ、来場者と活発な議論が重ねられた。

award18_postersession.JPG ポスターセッションの風景

award18_postersession2.JPG 若手研究者と議論を交わす髙津 聖志所長

レセプション

BioJapan 2018のウエルカムレセプションで、大賞・奨励賞の受賞者と両賞の選考委員長が紹介され、会場から大きな拍手が送られた。

award18_welcomereception.JPG レセプションで、受賞者と選考委員長をご紹介

記事一覧へ戻る