一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

JBA会員ビジネスダイレクトリー

本ダイレクトリーは、JBAの法人会員の情報を広く発信し、国内バイオ産業分野での交流・アライアンス・事業推進の促進を図る目的で運営しております。発信する情報の内容別に以下の3種のダイレクトリーがあり、それぞれ掲載機関数・情報内容の充実を今後随時行ってまいります。各発信情報に対するお問い合わせは、各掲載企業・機関に直接お願い致します。

B to Bビジネス情報

JBA法人会員が、特に企業・機関(アカデミア、研究機関、等)向けに実施している事業(サービス、製品製造・販売、等)の情報一覧となっております。今後の事業契約/提携・委託・導入・購買等の参考としてご活用下さい。

企業からの研究・開発提携等の募集情報

JBA会員企業(事業会社、ベンチャー企業)が主にアカデミア、ベンチャー企業、異業種企業等を対象に実施している、研究シーズ、共同研究等の募集情報の一覧となります。企業との共同研究・協業・ライセンス等をご検討される際の参考としてご活用下さい。

海外機関からの情報

会員海外機関から日本の企業等向けに発信される、各国・機関の情報一覧となります。海外各国の事業会社・CRO/CMO・ベンチャー等とのビジネスや、海外進出等をご検討される際の参考としてご活用下さい。

B to Bビジネス情報

掲載機関  味の素 | Chubb損害保険

味の素株式会社

Aji_BioPharma_CMYK.JPG味の素株式会社は、"Ajinomoto Bio-Pharma Services"として、医薬品を中心とする製造受託サービスを広く、グローバルに展開しております。
ホームページなどは英語の記載も多くございますが、お問い合わせを下記アドレスにいただけますと、日本語でのご対応が可能になります。是非お気軽にお問い合わせください。
 お問い合わせ E-mail: corynex(at)ajinomoto.com

サービス1 低分子医薬品の製造受託サービス
高活性原薬をはじめ、様々な化合物を、進歩的な設備を用い、日米欧の3極に対応した品質基準に基づき、製造・提供いたします。小スケール(1-50 kg/batch)から大スケール(100+ kg/batch)まで対応可能であり、前臨床試験から商業化までのあらゆるステージのニーズにお応えできます。
■サービスの概要
    • 高活性原薬の製造
    • 超低温/高圧反応
    • 高危険反応
    • 酵素反応
    • 連続フロー生産
    • プロセス開発&最適化検討
    • プロセス安全性評価
※パンフレットもご覧ください。→ こちら (PDF 296KB)
サービス2 オリゴ核酸・ペプチドの受託製造サービス
高純度のオリゴ核酸(DNA/RNA)・PMO・ペプチド鎖を、お客様のニーズに合わせ、実績のある固相合成法や革新的液相合成法であるAJIPHASE®にて製造いたします。
■固相合成法
  • μgからkgまでの様々なスケールで天然型、非天然型のDNA/RNA合成が可能です。2019年4月には、国内最大規模スケールでのオリゴ合成が可能な新棟が稼働し始めました。
    • 天然型・非天然型のオリゴ核酸カスタム製造
    • 長鎖RNA、長鎖キメラ(DNA/RNA)核酸製造
    • GMP原薬製造および付随する製造プロセス/分析法開発
■液相合成法:AJIPHASE®
  • レジンの代替としてアンカーを用いた、固相合成法と液相合成法のコンセプトを組み合わせた革新的な製法です。一度に数十kg程度レベルの原薬製造を行うことが可能な、大スケール製造に強みをもつ製法であり、厳密な工程管理が可能なことで、高い品質が得られることも特徴です。すでにGMP治験薬製造の実績もございます。
    • 核酸(天然型、非天然型のDNA/RNA)
    • PMO(モルフォリノ核酸)
    • ペプチド(天然型、非天然型、直鎖、環状)・ペプチド
サービス3 高分子医薬品・プラスミドDNAの製造受託サービス
様々な微生物を用いた高分子医薬品のcGMP製造が可能です。組換えタンパク質の製造だけでなく、ワクチンや遺伝子治療向けのプラスミドDNAの製造も得意としています。
■サービスの概要
    • プロセス開発&技術移管サービス
    • タンパク質、プラスミドのcGMP製造
    • セルバンクの樹立(微生物)
    • 革新的タンパク質製造システム: Corynex®(詳細は発信情報4を参照)
※設備の詳細はパンフレットをご覧ください。→ こちら (PDF 300KB)
サービス4 革新的タンパク発現システム:CORYNEX®
アミノ酸生産菌をベースとする、微生物を用いた革新的なタンパク質発現システムです。目的の組換えタンパク質を、活性を保持したまま分泌し、エンドトキシンも発生しないため、簡素な精製が可能となります。バイオ医薬品の製造プラットフォームとして日米欧のお客様に活用いただいております(臨床試験実績あり)。
■サービスの概要
    • 目的タンパクの発現検討
    • プロセス開発・技術移管サポート
    • 各種分析
    • サンプル調製
    • cGMP製造
※パンフレットもご覧ください。→ こちら (PDF 367KB)
サービス5 高活性&ADC受託製造サービス
高度封じ込め設備を有し、高活性原薬(HPAPI)やADCのcGMP製造、製剤化が可能です。この最新鋭の設備では、非常に低いOEL(~1ng/m3)に対応している他、無菌条件下での操作が可能となります。
■サービスの概要
    • cGMPコンジュゲーションや精製
    • 前臨床用サンプルの調製
    • プロセス開発&技術移管サービス
    • 無菌製剤化&凍結乾燥
    • 部位特異的コンジュゲーションサービス:AJICAPTM
        AJICAPTMは抗体の改変を必要とせず、部位特異的にコンジュゲーションを可能にする革新的な技術です。
※パンフレットもご覧ください。→ こちら (PDF 363KB)
サービス6 製剤化サービス
プレフィルドシリンジや液体・凍結乾燥用バイアルへの無菌充填が可能です。徹底的な検査システムを備え、高品質な医薬品の提供をサポートいたします。
■サービスの概要
    • 長い歴史に裏打ちされた高い専門性
    • 臨床試験や市場化に向けたスピード
    • 様々なご要望にお応えできる設備仕様
※設備の概要はパンフレットをご覧ください。→ こちら (PDF 472kb)

Chubb損害保険株式会社

Chubb Purple_lw_logo.pngチャブ保険は、斬新な発想とチャブ・グループのグローバルなネットワークをもとに、個人から法人まで幅広く革新的な損害保険商品を提供しています。
日本市場における実績は、前身会社を含め98年におよび、外資系損害保険会社として最長の歴史を数えます。米国格付機関S&P社からは、保険財務力格付け「A+」(2019年4月現在)の評価を受けています。
チャブ保険はチャブ・グループの一員です。チャブ・グループは、保険・再保険分野で世界有数のグローバル企業として、世界54ヵ国で事業を展開し約30,000名の従業員を擁します。

保険1 臨床試験賠償責任保険
臨床試験に起因して発生した被験者の身体障害による貴社の賠償責任・補償責任を補償します。国内のみならず海外で実施される試験も、チャブのグローバルなネットワークにより各地でタイムリーに対応し、IRBに提出するための保険付保証明書を迅速に提供できます。

※臨床試験賠償責任保険 チラシ → こちら (PDF 1.04MB)
※臨床試験賠償責任保険 パンフレット → こちら (PDF 579KB)
保険2 ライフサイエンス賠償責任保険
ライフサイエンス業界特有の賠償リスクを包括的に補償する専用のパッケージ商品です。国内・海外のあらゆる賠償リスクに対応する商品で、必要な補償内容をお客様ご自身でお選びいただけます。

※ライフサイエンス賠償責任保険 パンフレット → こちら (PDF 678KB)

B to Bビジネス情報のトップへ戻る


企業からの研究・開発提携等の募集情報

掲載企業  EAファーマ | 第一三共 | 大日本住友製薬 | 武田薬品 | ノボザイムズジャパン | バイエル薬品 | 持田製薬

EAファーマ株式会社

EApharma_logo.jpgEAファーマ株式会社は、消化器領域における日本発のスペシャリティ・ファーマとして、消化器疾患に苦しむ患者様に寄り添い、患者様とそのご家族に幅広くソリューションを提供するヒューマンヘルスケア(hhc)企業を目指しています。私たちは患者様の更なる医療ニーズに応えるべく消化器疾患に関わる創薬探索研究、開発研究ならびに創薬基盤技術研究に関する連携・共同研究を希望し、創薬研究パートナーの募集をしています。
EAファーマwish list: こちら (PDF 863KB)
EAファーマwish list キーワード: こちら (PDF 1.27MB)

創薬・創薬標的候補公募 【創薬候補および創薬標的候補プロジェクト】
・募集期間: 2019年5月7日(火)~2019年7月31日(水)
・募集分野: 炎症性腸疾患(IBD)、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、膵炎、過敏性腸症候群(IBS)、NSAID起因性小腸粘膜傷害、他疾患の治療による消化管副作用、およびがんを除く治療満足度が満たされていない消化器系疾患に対して治療効果が期待される創薬候補、創薬標的候補(詳細はこちらを参照)
疾患基礎技術公募 【疾患基礎技術プロジェクト】
・募集期間: 2019年5月7日(火)~2019年7月31日(水)
・募集分野: 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、膵炎、過敏性腸症候群(IBS)、NSAID起因性小腸粘膜傷害に対する動物モデル・技術・バイオマーカー・評価技術・医療機器・スマートフォン用アプリケーションなどのITソリューション(詳細はこちらを参照)

第一三共株式会社

taneds_logo.jpg第一三共株式会社は、オープンイノベーション活動について、外部創薬ネットワークの拡大及び多様なイノベーションソースの確保を目指した、多くの取り組みを行なっています。
これらの取り組みを通じて、競争力のあるパイプライン、革新的医薬品の迅速かつ継続的な創出を目指しています。
オープンイノベーションサイト こちら

TaNeDS 共同研究公募プログラム:TaNeDS
・募集期間: 2019年7月5日(金)~8月5日(月)
・募集分野
    • 創薬技術研究 <新規モダリティ、遺伝子治療、細胞治療、DDS・ターゲッティング技術、薬効・安全性予測、薬物動態、AI研究 など>
    • 創薬標的の探索・検証研究 <がん、希少疾患 など>
    • 第一三共のモダリティ技術活用研究
・TaNeDS公募ページは こちら
・TaNeDSリーフレット こちら (PDF 494KB)
 TaNeDS2019_leaflet_F.jpg

大日本住友製薬

PRISM_logo.jpg大日本住友製薬株式会社は、精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野を研究重点領域として、自社研究に加え、技術導入、ベンチャー企業やアカデミアとの共同研究など、あらゆる方法で最先端の技術を取り入れて研究開発活動に取り組み、優れた医薬品の継続的な創製を目指しています。
この目標を達成するために、弊社では、2015年度より公募プログラムPRISM( Partnership to Realize Innovative Seeds and Medicines)を実施しております。
PRISMは、3つのカテゴリーで実施しております
PRISM HP: https://www.ds-pharma.co.jp/prism/
PRISM リーフレット: こちらをクリックください

若手研究者共創型 【PRISM 若手研究者共創型】
・募集期間: 2019年5月10日(金)~6月28日(金)17:00まで
・募集テーマ: 神経回路の特異的制御による精神疾患モデル動物(齧歯類、非ヒト霊長類)
・募集要項: こちら
・応募フォーム: こちら
研究ニーズ提示型 【PRISM 研究ニーズ提示型】
・募集期間: 2019年5月10日(金)~6月28日(金)17:00まで
・募集分野: 精神神経領域、合成技術、創薬技術など10テーマ
・募集要項: こちら
・応募フォーム: こちら
研究開発シーズ募集型 img_boshu.jpg【PRISM 研究開発シーズ募集型】
・募集期間: 随時募集
・募集分野: 精神神経領域、がん領域以外で、有効な治療薬のない疾患・既存療法の治療満足度が低い疾患、再生医療領域
・募集要項: こちら
・応募フォーム: こちら

武田薬品工業株式会社

COCKPI_T_logo.pngタケダは、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」というミッションのもと、常に革新に挑み、あらゆる可能性を追求していきます。
このミッションを達成するためには、多くの社外研究者との協業が重要と考えます。そこで、皆さまとの連携の機会を効果的に見出すため、オープンイノベーションプラットフォームをご提供し、生命科学発展に貢献します。そしてこれらのイニシアチブを通じ、患者さんの生活を改善する新規治療薬の発見に努めていきます。

COCKPI-T® Funding COCKPI-T® Funding
・募集期間: 2019年6月3日(月)~7月31日(水)17:00まで
・募集分野: 神経精神疾患、消化器疾患、がん、再生医療、プラットフォーム技術、安全性
 ※アイデアレベルを含む初期研究段階の研究計画をご提案いただきます。弊社のニーズと合う選定案件に対して、研究費をご提供し、実現性検証試験をサポートいたします。詳細はwebsiteをご参照ください。
・研究費: 500万円程度/件
 ※当社が保有する創薬関連資産・技術を提供する場合がございます。
・研究期間: 原則1年間
COCKPI-T® Screening img_boshu.jpgCOCKPI-T® Screening
・募集期間: 通年
・募集分野: 神経・精神系疾患
 ※ヒトの病態を反映する化合物スクリーニング可能なアッセイ系をご提案いただきます。当社で化合物スクリーニングを実施し、その結果を報告いたします。
SKIT Open Innovation img_boshu.jpgSKIT Open Innovation
・募集期間: ~2019年9月30日まで
・募集分野: 神経精神疾患、消化器系疾患、がん免疫、免疫機能・免疫細胞
 ※当社が所有する選択的プロテインキナーゼ阻害化合物(「SKITライブラリ」)を提供いたします。上記の疾患および免疫機能・細胞に関する細胞系表現型アッセイを募集いたします。

ノボザイムズ ジャパン株式会社

ノボザイムズジャパンは日本における独創的・萌芽的な酵素研究及び産業・農業用微生物の発展のため、特に若手研究者に対する研究助成を行っています。

研究ファンド ノボザイムズジャパン研究ファンド 2020 年度プロジェクト
日本の独創的な酵素及び微生物研究の振興を目的とし、萌芽的な研究、特に若手研究者の研究助成を行っています。
・募集期間: 2019年4月15日(月)~7月21日(日)
・募集分野: 酵素及び微生物の基礎または応用研究
・URL:  こちら

バイエル製薬株式会社

イベント参加募集 バイエル薬品×シスメックス - Pitch Your Dreams in KOBE 2019
神戸市やシスメックと共催でベンチャーピッチイベントを実施します。多くのベンチャー企業やVC、製薬企業の方々にもご参加をいただき、皆様のネットワーク構築の一助になればと考えておりますので、是非お申し込みください。
・日時: 2019年7月8日(月)13:00~19:00(受付開始:12:30)
・場所: (国研)理化学研究所 融合連携イノベーション推進棟(IIB)(神戸市)
・定員:  50名(無料)
・お申し込み: こちら
・プログラム: こちら

持田製薬株式会社

MOIRe_logo.png持田製薬では、2019年度よりアカデミアの方々のご提案に基づく創薬に関する共同研究公募プログラム「MOIRe(モアレ)」を開始します。創薬シーズを医薬品開発に繋げることに関心が高い研究者の皆様のご応募をお待ちしています。

MOIRe 共同研究公募プログラムMOIRe(モアレ)
・募集期間: 2019年4月1日(月)~6月30日(日)
・募集分野: 産婦人科領域、皮膚科領域、消化器領域における疾患および難病・希少疾患の治療薬に繋がる創薬シーズ、または新規創薬技術
・公募パンフレット こちら
 ※詳細はウェブサイトをご参照ください。

事業会社からの公募情報のトップへ戻る


海外機関からの情報

掲載機関  デンマーク | 日欧産業協力センター

デンマーク大使館(Royal Danish Embassy, Tokyo)

Denmark_National_flag.jpgデンマークは一昨年(2017年)日・デンマーク外交関係樹立150周年を迎えました。
デンマーク大使館では、日本へ輸出を希望するデンマーク企業をサポートしたり(Commercial Department)デンマークへの投資に興味をもつ日本企業へプロモーションを行ったり(Invest in Denmark)することで、両国の貿易関係を促進しています。
デンマークは、食品・ライフサイエンス、環境・エネルギー、ICT、海運などに強みを持っていますが、近年では、デザインシンキング(Problem Based Leaning)にも注目が集まっています。デンマークのバイオ・ライフサイエンス分野の原点は農業(ビール、チーズ、ブタ産業など)にあり、長い年月をかけビールから微生物、乳製品から酵素、ブタからインスリンや人工授精の研究へと発展してきました。デンマークのバイオ・ライフサイエンスクラスターは、そのような技術開発に基づき長い年月をかけて形成され、デンマークを酵素や、遺伝子組換え技術、糖尿病、がんといった研究における世界手的な地位に押し上げています。
 お問い合わせ先: 飯田留美 rumiid(at)um.dk

発信情報1 バイオクラスター紹介
Biotechnology Innovation Organization
Denmark_cluster_map1.png■デンマークのバイオ&ライフサイエンスクラスターとその特徴
・オールボー市を中心とするユトランド半島北部地域
 - 医工連携/バイオメディカル技術:オールボー大学
・オーフス市を中心とするユトランド半島中部地域
 - 食品・バイオ/バイオメディカル/画像診断技術:オーフス大学
・オーデンセ市を中心とするフューネン地域
 - (ロボットを初めとする)介護福祉関連技術:南デンマーク大学
・コペンハーゲン地域・首都圏
 - メディコンバレー、コペンハーゲン大学、デンマーク工科大学、コペンハーゲンIT大学

Medicon Valley & Medicon Valley Alliance
Medicon Valleyは、デンマークの首都圏(Greater Copenhagen)およびスウェーデンのスコーネ地方にまたがるデンマーク最大のクラスター。ここに位置するライフサイエンス関連事業団体(企業、大学、病院、公的機関など)を統括する非営利団体がMedicon Valley Allianceです。
■主だったサイエンスパーク
ユトランド半島北部地域(NOVI Science Park)
・ユトランド半島中部地域(INCUBA)
フューネン地域(Science Park of Southern Denmark)
・コペンハーゲン・首都圏(Medicon Valley)
 - Symbion Science Park | DTU Science Park | CAT Science Park | Copenhagen Bio Science Park
発信情報2 バイオベンチャー紹介
Start-upsの情報などにつきましては、バイオクラスターの中でご紹介した、各Science Parkのサイトからもご覧いただけます。フューネン地方につきましては、こちら(Startup Odense)もご参照ください。
また、バイオ企業約70社+MedTech企業約70社を簡単に紹介したPortfolio Listをご要望の方は、rumiid(at)um.dk までご連絡ください。
発信情報3 ビジネスマッチングなど
デンマークには国内外の産学官のマッチング・連携強化を目的とした17のイノベーションネットワークがあり、業界のニーズ情報提供、セミナーやワークショップの企画などを行っています。
■バイオ・ライフサイエンスに関連するサイト
Innovation Network for Bio- and Life Science (Biopeople)
Danish Healthtech
Innovation Network RoboCluster
Innovation Network for the Food Sector (Danish Food Innovation)
Innovation Network for Biomass (INBIOM)
Lifestyle & Design Cluster
発信情報4 臨床研究・臨床実験に関して
デンマークでの臨床実験を検討されていらっしゃる際、Trial Nationにコンタクトすることにより、速やかに最適な候補施設などの提供を受けることが可能です。
Trial Nation- Clinical Trial Denmark
2012年3月にNational Biobankが設立され現在約2,500万検体が管理されています。保存されている検体は全て、長年にわたり構築されているビッグデータに紐づけされています。デンマークの研究者と連携することにより、日本企業および研究者の皆様にもこれらのビッグデータや生体サンプルへのアクセスが可能となります。
Danish National Biobank
Bio- and Genome Bank Denmark
発信情報5 お知らせ
デンマーク大使館では、9月9日の週に、Oncologyに焦点を当てたセミナーを計画中で、Danish Cancer BiobankのDirectorおよびcancer分野で活躍するデンマーク企業が来日する予定です。日本サイドのspeakerは、目下、交渉中です。詳細が決まりましたら、大使館およびバイオインダストリー協会様のホームページを通じてお知らせいたします。

日欧産業協力センター

 (EU加盟28か国およびCOSMEプログラム対象国)

eu_japan_centre_logo.jpg日欧産業協力センターは、日本・EU間の産業協力の中核を担う機関として経済産業省 および欧州委員会によって1987年に設立された公的機関です。
日本・東京本部、欧州事務所、それぞれに拠点があり、日欧産業協力の架け橋となる企業支援、研修、政策関連、イノベーション協力支援等、数多くの事業を実施しております。
バイオ分野においては、欧州中小企業・クラスターの来日ミッションをはじめ、欧州事務所によるヨーロッパにおけるバイオ分野主要展示会での日本企業およびクラスターへのサポートなどを通し、ヨーロッパでのネットワークおよび各種ツールを駆使した欧州企業およびクラスターとのマッチングサービスを提供します。

発信情報1 エンタープライズ・ヨーロッパ・ネットワーク (EEN)
  • 匿名プロフィール・多業種掲載を特長とした6,000件以上のインターネット上データベースを活用し、ビジネス・技術提携あるいは研究開発パートナーを探すことができますので是非ご利用ください。
    マッチング・データーベース: https://www.een-japan.eu/ja
  • EU加盟国及びCOSMEプログラム対象国に存在するEENパートナーと呼ばれる約600の組織と連携して、データだけではない、スタッフ間の繋がりを用いたビジナスパートナー探しサービスを提供します。
  • EEN-Japan Websiteでは日本でのビジネスパートナーシップに興味のある欧州企業・団体データのみ掲載するページもご用意しております。
  • EEN主催 (共催) 欧州マッチングイベントへの日本企業・団体参加サポートおよび欧州中小企業・クラスターの来日ミッション時にあわせた日本におけるマッチングイベントの開催および共催もいたします。
発信情報2 【欧州企業・クラスター対日ミッション】
弊センターでは欧州と日本のビジネス・技術パートナーシップ支援の一環として、2012年度より特定の産業におけるクラスターと企業を対象にした短期ミッションを実施致しております。
2019年度バイオテクノロジーミッションに関しては10月8日から11日を予定しており、BioJapan前日の10月8日に大阪にて現地クラスターと共催し欧州のライフサイエンス企業との商談会を開催いたします。
発信情報3 【日欧パートナリングサポート】
  • ヨーロッパでの主要バイオ関連イベントにおいて、日本企業プロフィールのPR活動をいたします。
  • 製薬・医療関連企業のウィッシュリストに応じてヨーロッパでのシーズ探しサポートをいたします。
発信情報4 【産業クラスターヘルプデスク】
  • 日欧双方のバイオクラスターが協力関係を築くためのサポートを行います。
  • 欧州クラスター協力プラットフォーム(ECCP)の紹介
    ヨーロッパ域内外でのクラスター連携のためのハブの役割を担う国際クラスター協力支援ツールです。各EU加盟国にて活動しているバイオ関連サポート機関の検索は上記プラットフォームより可能です。日本のバイオクラスターも無料登録でき、PR・情報収集およびクラスターパートナシップ提携ツールとして利用できます。
    ※日本語資料は こちら
    ※登録手順詳細は こちら
発信情報5 【Horizon 2020 - National Contact Point (NCP)】
弊センターではヨーロッパ最大の研究・イノベーション支援プログラムHorizon 2020のナショナルコンタクトポイント(NCP) を担っております。バイオ・ライフサイエンス関連Callへ参加ご希望日本企業・団体のご相談およびサポートを承っております。
※Horizon 2020 のNational Contact Point (NCP)は こちら

海外からの情報のトップへ戻る

お問い合わせ
一般財団法人バイオインダストリー協会 事業連携推進部
TEL:03-5541-2731
E-mail:cl-bv(at)jba.or.jp

ページトップへ戻る