一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

新資源生物変換研究会

新資源生物変換研究会は、1988年に石油発酵研究会とC1微生物日本国内委員会が合併、発足しました。以降、炭化水素、C1化合物、科学工業製品、バイオマス等、各種の新しい資源の生物変換および環境調和・改善技術に関する基礎・応用・開発研究を促進してきました。

会長 石井 正治

会長 石井 正治
(東京大学大学院)

目的

炭化水素、C1化合物、化学工業製品、バイオマスなど各種の新しい 資源の生物変換及び環境調和・改善技術に関する基礎及び応用研究の促進

活動内容

  • 石油醗酵研究会の流れを汲む歴史ある研究会
  • 学界を中心に産業界、公的研究機関の専門家で幹事・名誉会員で構成
  • 日本生物工学会、日本農芸化学会と連携したセミナー企画を企画、開催(数回/年)
  • 微生物を中心とした生物による物質変換・ものづくり等に関連する分野を広く対象とする

研究会メンバー(2019年3月現在)


会長

石井 正治 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻 教授)

副会長


阪井 康能 氏(京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻 教授)
安枝 寿 氏(味の素(株) イノベーション研究所 上席研究員

メンバー構成

学界 10名/産業界 17名/公的研究機関等 2名

ページトップへ戻る