一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

機能性食品研究会

機能性食品の分野は、健康志向の上昇、高齢化社会の進展などを要因とし、有望な成長市場と考えられており、医療費削減の有用な方法論とも位置付けられます。食品・健康食品に関する情報発信機能を高めるべく、2013年7月に研究会が発足しました。

15-5_kaityou_photo.jpg

会長 宮澤 陽夫
(東北大学未来科学技術共同研究センター)

目的

機能性食品関連産業を興隆させるために「何ができるか」「何をすべきか」の課題を出発点として、その解決を目標として議論、検討し、行政への提言をすることを目指しています。

活動内容

(1) 機能性表示・規制等への「提言」、(2) 食品の3機能の科学的評価、合理的な安全性証明等を目指すプロジェクトの「立案」、(3) 機能性食品関連産業の興隆・海外展開に向け、企業・アカデミア・地域クラスター等の 「連携」を柱として活動を推進しています。

機能性食品研究会

研究会メンバー/幹事(2019年3月31日現在)


会長

宮澤 陽夫(東北大学未来科学技術共同研究センター 教授)

構成機関

学界 5機関/産業界 23社/公的研究機関等 4機関(計32機関)

研究会の活動実績

2018年度活動12018年度活動22018年度活動3H29年度6月全体会議資料4

ページトップへ戻る