一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

発酵と代謝研究会

 発酵法によるグルタミン酸、リジンの製造に成功を背景に、1957年(昭和32年)、文部科学研究費の総合研究において、東京大学 坂口謹一郎先生を中心に、学産一体となった"アミノ酸発酵に関する基礎的研究"の「研究班」が発足されました。この研究を源流として、1959年(昭和34年)、任意団体「アミノ酸発酵集談会」が発足、1963年に「アミノ酸・核酸集談会」と改称、1990年に「発酵と代謝研究会」へと発展・改組されてきました。
 現在も、「発酵と代謝研究会」は、産業界、学界の専門家が委員・幹事・名誉会員となっています。また、「アミノ酸ならびに核酸関連物質の代謝生産、利用」を出発点に、広く微生物の代謝・機能・産業活用等を取り上げ、活動分野を広げています。

会長 大西 康夫(東京大学大学院)

会長 大西 康夫
(東京大学大学院)

会長・副会長


会長

大西 康夫 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)

副会長

吉田 聡 氏(キリンホールディングス(株) 飲料未来研究所 主査(主任研究員))

目的

アミノ酸・核酸関連物質その他の有用物質の発酵生産・代謝と利用ならびに関連する研究を盛んにする

活動内容


講演会の企画・開催

伝統的に日本の強みであるアミノ酸・核酸発酵からゲノム編集等微生物の改変新技術、各種微生物の持つ新たな機能・代謝、産業利用への展開等の幅広い話題の講演会を企画しています。

勉強会(参加者限定)

発酵と代謝研究会のメンバーと講師のお互いの顔がよく見える人数で活発な討議を進めながら様々なトピックを深く掘り下げます。

見学会の企画・開催

発酵と代謝研究会のメンバーと講師とお互いの顔がよく見える人数で活発な討議を進めながら今後の発酵産業に寄与する様々な話題を深く掘り下げます。

BioJapanセミナーの企画

環境・エネルギー、ものづくり分野に関するシンポジウム、展示等の企画に協力しています。

今年度活動予定


現在検討中

研究会メンバー


メンバー構成

 学界 12名 / 産業界 14名 / 公的研究機関等 5名  計31名(2020年7月1日現在)

前年度活動


  • 2019年7月12日
    発酵と代謝研究会 第1回勉強会「微生物エコシステムの理解と利用」
     ※JBA機関誌  B&I VOL.77 NO.6(2019) の記事をご参照ください。
  • 2019年12月10日
    発酵と代謝研究会 第2回勉強会「これからのバイオインダストリーを考える -バイオ戦略2019の目指すもの、化学・食品産業の今後の展開-」
     ※JBA機関誌  B&I VOL.78 NO.4 (2020) の記事をご参照ください。
  • 2020年2月17日
    発酵と代謝研究会 講演会「未来を見据えたバイオの確かなうねり-バイオ戦略と低炭素・ゲノム/遺伝子・宇宙によりそうバイオテクノロジー」
     ※JBA機関誌  B&I VOL.78 NO.4 (2020) の記事をご参照ください。

入会方法・お問い合わせ

本研究会の運営・企画等への積極的な参画にご興味があるJBA法人会員・個人会員(ただしアカデミア所属の方のみ)の方がいらっしゃいましたら、事務局まで下記メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

(一財)バイオインダストリー協会
発酵と代謝研究会事務局 青木・村瀬・和田
TEL:03-5541-2731  E-mail:greenbio(at)jba.or.jp ((at)は@に置き換えて下さい)

ページトップへ戻る