一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

発酵と代謝研究会

 発酵法によるグルタミン酸、リジンの製造に成功を背景に、1957年(昭和32年)、文部科学研究費の総合研究において、東京大学 坂口謹一郎先生を中心に、学産一体となった"アミノ酸発酵に関する基礎的研究"の「研究班」が発足されました。この研究を源流として、1959年(昭和34年)、任意団体「アミノ酸発酵集談会」が発足、1963年に「アミノ酸・核酸集談会」と改称、1990年に「発酵と代謝研究会」へと発展・改組されてきました。
 現在も、「発酵と代謝研究会」は産学官一体となり、「アミノ酸ならびに核酸関連物質の代謝生産、利用」を出発点に、広く微生物の代謝・機能・産業活用等を取り上げ、活動分野を広げています。

会長 小川 順(京都大学大学院農学研究科)

会長 小川 順
(京都大学大学院農学研究科)

目的

アミノ酸・核酸関連物質その他の有用物質の発酵生産・代謝と利用ならびに関連する研究を盛んにすること

活動内容

  • アミノ酸核酸集談会の流れを汲む歴史ある研究会
  • 産業界、学界の専門家を中心とする委員・幹事・名誉会員で構成
  • 講演会、シンポジウム等を企画、開催(数回/年)
  • 発酵のみならず、近年のバイオテクノロジー全般を対象とする
hakko_2018.jpg

研究会メンバー(2019年3月現在)


会長

小川 順 氏(京都大学大学院農学研究科 教授)

副会長

五味 勝也 氏(東北大学大学院農学研究科 教授)

メンバー構成

【幹事】 学界 14名/産業界 10名/公的研究機関等 2名
【委員】 学界  5名/産業界  3名/公的研究機関等 1名

ページトップへ戻る