一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

創薬モダリティ基盤研究会

 次世代抗体医薬・核酸医薬・遺伝子細胞治療・再生医療・デジタル医療など、新たに取組みが活発化しているモダリティによる創薬を結実させるためには、多彩な関連技術やパートナーなどの創薬エコシステムが不可欠です。
 本研究会は、国内モダリティ基盤技術の現況・立ち位置等の把握、必要な基盤技術群の構築と充実を目指し、2019年11月に発足致しました。

15-9_kaichou_photo.jpg

会長 久保庭 均
(中外製薬(株) 顧問)

会長・副会長


会長

久保庭 均 氏(中外製薬(株)顧問)

副会長

和田 猛 氏(東京理科大学 教授)
木村 正伸 氏(タカラバイオ(株) 取締役)

目的

本会は、JBA会員企業相互の情報共有、共通課題への対応を通じて、多様化する創薬プロセスの変革に鑑み、新規創薬のために必要な基盤技術群の構築と充実に寄与する。

活動内容


創薬モダリティに関する世界における立ち位置を把握し、必要な基盤技術群の構築と充実を目指し、次の項目を活動の柱におく。

  • セミナー聴講による情報共有(技術紹介、海外動向、政策動向など)
  • 研究会内でのクローズドな議論
  • ビジネスを進めやすくするための規制緩和などの政策提言
  • 国家プロジェクトを立ち上げての基盤構築

今年度活動方針

セミナー開催による情報共有を皮切りに、本研究会活動をスタートさせる。
(2020年4月以降は、研究会会員要望を抽出しながら、講演会等の研究会活動を進める。)

キックオフミーティング(第1回研究会)

(2019年11月末)
  • 設立(規約承認・役員選出)
  • 講演

第2回研究会(講演会クローズド)

(2019年12月~2020年2月)
  • 講演:次世代抗体医薬、核酸医薬、遺伝子細胞治療など
  • ディスカッション

第3回研究会

(2020年3月)
  • 公開講演:AsiaTIDES、BPI Asia等からの選定内容によるセミナー(予定)

研究会メンバー(2019年11月7日時点)


メンバー構成

学界 3大学 / 産業界 38社 / 公的研究機関等 2機関  計43機関

前年度活動(設立準備)

本研究会設立に向けた準備期間として活動を実施した。会員のニーズの把握と研究会活動内容構築にむけて、核酸医薬、抗体医薬、バイオエンジニアリング、創薬関係の4セミナーにて、興味のあるモダリティと希望する活動内容を問うアンケートを行い、研究会設立準備を進めた。

お問い合わせ・入会方法

本研究会の趣旨に賛同するJBA法人会員、JBA個人会員(アカデミアのみ)の方は、事務局まで下記メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

(一財)バイオインダストリー協会
創薬モダリティ基盤研究会事務局 渡邊・岸本・橋本・矢田
TEL:03-5541-2731  E-mail:modalities(at)jba.or.jp ((at)は@に置き換えて下さい)

ページトップへ戻る