一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

バイオエンジニアリング研究会

 本研究会は、バイオインダストリー関連の各種プロセス・装置類およびダウンストリームプロセシングの合理化,省エネルギー化あるいは新しい研究成果の工業化等、バイオエンジニアリング分野の開発と発展に寄与することを目的として、1988年に設立されました。バイオインダストリー協会では、発酵と代謝研究会、アルコールバイオマス研究会、新資源生物変換研究会に次ぐ長い歴史を持つ研究会です。
 発足年度の講演会では、「アミノ酸の連続発酵生産」、「クロマトグラフィーシステムのスケールアップとコントロール」、「ステンレスサニタリー配管の液相拡散接合法への適用」が取り上げられました。以降、エンジニアリングの視点から、バイオ医薬品・GMP・シングルユース・バリデーション(1993、1994、2004、2008、2013、2014年度)、細胞・再生医療(1999、2010、2016年度)、ワクチン(2011年度)、人工血液成分(2015年度)、スマートセルインダストリー(2017年度)、バイオポリマー製造・バイオマス利用技術(1992、2007、2012年度)、ロボット化(1997年度)、IT(2000年度)、次世代シークエンサー(2009年度)など様々なテーマに取り組み、バイオ産業技術者のネットワーク形成と技術交流を図ってきました。

会長 藤井 智幸

会長 藤井 智幸
(東北大学大学院農学研究科)

活動内容

 年度毎に活動テーマを設定し、講演会・パネルディスカッション、工場見学会を企画・開催しています。また、近年注目度の高いシングルユースシステムについては、小委員会活動による講演会も開催しています。

研究会メンバー(2018年9月現在)


会長

藤井 智幸(東北大学 大学院農学研究科 教授)

副会長

養王田 正文(東京農工大学大学院 工学府工学研究院 教授)
菅谷 和夫(IHIプラントエンジニアリング(株)医薬・ファインケミカル事業部 顧問

メンバー構成

学界 5大学 / 産業界 20社 / 公的研究機関等 1団体

ページトップへ戻る