一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

アルコール・バイオマス研究会

アルコール・バイオマス研究会は、JBAの前身である発酵工業協会内に設立された「アルコール部会」(1980年)を基礎とし、国内外の情報交換、東南アジアへの技術支援などを行ってきました。1989年バイオインダストリー協会への組織改正にともない「アルコール研究会」と改称、バイオマスやバイオエタノールが再生可能エネルギーとして注目される中、1996年に「アルコール・バイオマス研究会」へと改称、以降、アルコール工業の発展、バイオマス生産、有効利用のため、講演会や見学会を通じて、産学官の情報共有、課題解決に向けた検討を続けています。

会長 鮫島 正広(東京大学大学院農学生命科学研究科)

会長 鮫島 正広
(東京大学大学院農学生命科学研究科)

目的

「我が国のアルコール工業の発展ならびにエネルギー問題の解決に寄与する」

  • アルコールに関する生産、流通、消費に関する情報の交換
  • バイオマスの生産、資源化、有効利用に関する情報の交換

活動内容

  • 産業界、学界の専門家を中心とする委員会および幹事会
  • アルコールやバイオマスに関連する工場、研究所等の見学会
  • 関連トピックスを取り入れた講演会の企画・開催

研究会メンバー(2019年3月現在)


会長

東京大学大学院農学生命科学研究科教授 鮫島 正浩 氏

副会長

農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品生物機能開発研究領域 生物資源変換ユニット ユニット長 徳安 健 氏
アサヒグループホールディングス(株) プロセス開発研究所長 安原 貴臣 氏

メンバー構成

学界 8名/産業界 10名/公的研究機関等 5名

研究会の活動実績

alcohol-biomass.jpg

ページトップへ戻る