一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

戦略的イノベーション創造プログラム「次世代農林水産業創造技術/次世代機能性農林水産物・食品の開発」

[委託元] 農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター
[事業期間] 平成27年度~平成30年度

平成27年4月1日から、内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」「次世代機能性農林水産物・食品の開発」「脳機能活性化コンソーシアム」の研究調整業務を担当しています。

SIPは、内閣府総合科学技術・イノベーション会議が指令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野を超えたマネージメントにより、科学技術イノベーションを発揮するために、平成26年10月に創設された国家プロジェクトで、現在、日本経済再生に寄与できるような世界を先導する11プログラムから成っています。その一つが「次世代農林水産業創造技術」で、最高の知識産業としての農林水産業を再生・創出ことを目指しています。このプログラムの課題のひとつが脳機能活性化や身体ロコモーション機能改善等に着目した「次世代機能性農林水産物・食品の開発」で、5つのコンソーシアム(「脳機能活性化コンソーシアム」「運動・身体機能維持研究コンソーシアム」「時間栄養・運動レシピ開発コンソーシアム」「ホメオスタシス多視点評価開発グループコンソーシアム」「未利用藻類の高度利用を基盤とする培養型次世代水産業の創出に向けた研究開発コンソーシアム」)から構成されています。

H29年度受託テーマ

内閣府のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「次世代農林水産業創造技術/次世代機能性農林水産物・食品の開発」(管理法人:農研機構)を構成する5つ(ⅰ)~(ⅴ)のコンソーシアムのうち、阿部啓子 東京大学大学院 特任教授が研究代表を務める 「(ⅰ)機能性農林水産物・食品による脳機能活性化に着目した科学的エビデンスの獲得及び次世代機能性農林水産物・食品の開発」のコンソーシアムの一員として、「次世代機能性食品に関する研究調整業務」を担当します。

ページトップへ戻る